| お知らせ | FAQ | 由緒・ご祭神 | 三嶋七福神 | 授与品 | 参集殿 | 絵画 | アクセスマップ | mail | Top |
■4つのカテゴリから選択■
| 神社について | ご祈祷について | 授与品について | 神棚について |


こちらに掲載されていないご質問をしたい方は、mailフォームをご利用ください

向き:南または東(北または西を背にする)
神饌(お供え物)を供える場合の例

※神棚へのお供え物は、お米、水、塩、お酒が一般的です
■ご質問■ ■ご回答■
天昇皇大神宮、氏神神社、崇敬神社とは? 天昇皇大神宮:すべての神の親神様
氏神神社:現在お住まいの地元にある神社
崇敬神社:ご自分がおふだをおまつりしたいと望む神社、または旅先で訪れ授与した神社のおふだ

神棚への、おふだのおまつりの仕方は? 詳細は上の「神棚へのおふだのまつり方」をご覧ください。
神棚はどこで購入すればいいの? 最寄りのホームセンターや神仏具店で扱っております。
当神社では神棚のお取り扱いは致しておりません。

種類が様々ですが、どれを購入すればいいの? 基本的にはどのような神棚を購入されても結構です。
神棚は一社造り、三社造り、五社造りなどありまして、それぞれに大小様々な大きさのものが数多く
取り揃えてあります。大切なことは、寸法などを計り、それぞれのご家庭に設置するに見合ったサイズの
神棚を購入されることをオススメ致します。

神棚は何年かおきに新しくしたほうがいいの? 基本的に神棚は、新しくする必要はございません。
1度購入した神棚は末永くご自宅に設置するのが望ましいのです。
ただ、「神棚の一部が破損した」とか、「木の材質が古くなり劣化してきた」という場合においては新しい
神棚を改めて設置するというのもよいでしょう。
通常は、1年ごとに神棚に入れる「おふだ」を新しいものと交換して頂ければよいです。
神棚への魂入れのご祈祷はいくら包めばいいの? いくら、という指定はございませんが、今後ご自宅の守り神としてお祀りされる神棚が2000円や3000円
では困ります。目安としては10000円〜よりお願い致します。
古い神棚を処分したいのですが、その場合はどうす
ればいいの?
当神社、または最寄りの神社へその神棚をお持ちください。
「魂抜き」のご祈祷を行った上で処分させて頂きます。
ご祈祷ですので、これは言うまでもなくご祈祷料をお包み頂きます。

新しい神棚を購入したのですが、この神棚はそのま
ま自宅におまつりしてもいいの?
当神社、または最寄りの神社へその神棚をお持ちください。
「魂入れ」を行います。購入された新しい神棚を清浄化するご祈祷です。
ご祈祷ですので、これは言うまでもなくご祈祷料をお包み頂きます。

おふだは通常神棚に何枚おまつりすればいいの? 神棚へは通常「伊勢神宮おふだ」と「三嶋神社おふだ」を含め2枚〜3枚までで結構です。

貸家に引越ししたら、すでに神棚が設置されてあり
ました。この神棚は一体どうすればいいの?
こういうケースはよくあり、ほとんどの場合、前に住んでいた住居人が神棚の処理に困ったあ
げく、そのまま放置したものと考えられます。よって、その神棚をご自宅におまつりしておく必
要はありませんので、神棚を全て取り外し、当神社、もしくは最寄りの神社へお持ちください。
実際には、神棚はその持ち主が責任を持って処分しなくてはいけません。
神棚を処分する場合は必ず、神社にてご祈祷を行った上で処分致しますので、くれぐれもそ
のまま放置などせぬようお願い致します。

「雲」とは、どのような時に使用するの? 「空」や「雲」というのは、例えば2階建てのご自宅の1階に神棚を設置する場合、設置する1階
のお部屋のすぐ上の部屋が「人が普段生活するお部屋」になっている場合に限り、1階の天
井に貼り付けするものです。
2階にそういったお部屋があることで、1階に設置した神棚を踏みつけてしまうということから
「空」「雲」と仮想し、これを防ごうということです。
この「空」「雲」は、半紙に筆で書くのですが、必要な方には当神社で書いて差し上げます。

「雲」は、本人で書いて貼り付けしてもいいの? 構いません。ご自分で書いて天井へ貼り付けることができます。
またはコピー用紙一枚全体にワープロソフトで「雲」と印刷するのもよいでしょう。
当神社でも300円でご用意しております。
ただ、当神社へ取りに来られる方に限らせて頂きます。配送などは行っておりません。



:::紙垂(しで)の作り方:::

半紙かコピー用紙1,2枚あれば作れます、ぜひお試しください

※幣束(へいそく)もこの作り方と同様です
(同じものを2枚作り、うち1枚は下図Bの折り目を反対側に折ります)






神棚について、古い神棚の処分について (注意事項)


神棚は信仰の基盤であり、その中に貴方の家の「守り神」がおまつりされています。
つまり信仰上、宗教上において最も重要な類に入ります。

よって神棚には十分な配慮と誠意を持った正しい処分をご案内しております。


当神社では新年を迎える毎年1月中旬に、「焼納祭おふたお守り回収ボックス」を設置し、古い授与品を
納めて頂いておりますが、稀に、処分したい古い神棚をそのまま放置して行かれる方がいらっしゃいます。

処分したい古い神棚を
回収ボックスへ放置しないでください


神棚の処分には「魂抜き」と呼ばれるご祈祷が不可欠です。
「放置」は「放棄」、神棚を扱うにふさわしくない罪深き行為です。


要らない、邪魔、という軽率な気持ちが、神への不信やご先祖に対する軽視と見なされます
目に見えないことだからこそ、面倒臭い、などいい加減な扱いはおやめください。


神棚の正しい処分とは?

神棚を当神社へ持ち込む際、これらの点に注意してください

・ホコリまみれの神棚をそのまま持ち込まない
・神棚の処分と共に、自宅の要らないもの(人形やぬいぐるみ等)を持ち込まない
・神棚処分にご祈祷料が必要だと分かった途端、それを拒否したり不穏な顔をしない

これまで幾度も手を合わせ、願かけをした守り神への「感謝の気持ち」はお持ちでしょうか?
きっとご自分では気付かなかった様々な不幸、災難、災厄、危機から、
皆様は家の守り神によって守られ、そして今を生きているに違いありません。


処分の神棚や、どうしても神社で処分してもらいたいモノ(例:掛け軸や神をあしらった彫刻物など)は
神社でご祈祷を行った後焼却処分に入りますため、一切のご返却はできません
処分とは、この世からなくす、ということですので、依頼されたモノは責任をもって処分致します。

「処分」のご祈祷にはご参加されなくて構いません

処分物は各ご家庭に不必要なものとして「手放す」ことにしようと判断されたものです、
ご家族が新たに考え、取り入れ、これからを生きるためには、これまでのものは潔く無くしていく、
という決断もまた私達に非常に必要な考え方であると言えます。

全ては神職によりご祈祷された後焼却処分を行います。
改めて皆様が処分のご祈祷に参加する必要はございません、直接お持ち込み頂くだけで結構です。

ご祈祷をした上での処分ですので、ご祈祷料をお包み願います。
ご祈祷料:5000円〜


尚、ご祈祷に参加したいという希望があったとしても、ここ最近はその参加をお断りさせて頂いております。


なぜ?

持ち込み客の中に、「思い入れ」というより「思い込み」を持つ、
例えば「どうしたい、こうしたい」の「欲求」の強い方がいらっしゃいます。

このような「自分の思うようにしなければ気が済まない」といった感情は神前という場にふさわしくありません。
ご祈祷は目的→誓い→感謝、から成るものであり、決して自分の欲求を満たすものではないのです。

そのため処分のご祈祷に関しては、数年前よりすでに皆様にご祈祷参列をお控え頂き、
神職のみでご祈祷、処分を実施しておりますことをご理解頂いております。

もし特別な思い入れがある、またはご家庭の歴史に大切なものだというお考えがある場合は、
神社へ持ち込む直前にご自宅で感謝の意を込め一礼した後、お持込みください。
またはなるべく処分を依頼せず、ご家庭でいつまでも大事に保管してください。


最後に...

神棚の設置や参拝は誰にでもできる、きわめてシンプルなものです。
しかし、シンプルですが気軽ではありません。
まずは正しい方法、やり方を「行う」ことが大事です。

それが貴方の「行い」として刻まれていき、やがて変化し、やがて報われ、そして
ご多幸に恵まれる、そういう思考が長い間人々の中に受け継がれ、現在に至るのです。

■4つのカテゴリから選択■
| 神社について | ご祈祷について | 授与品について | 神棚について |
| お知らせ | FAQ | 由緒・ご祭神 | 三嶋七福神 | 授与品 | 参集殿 | 絵画 | アクセスマップ | mail | Top |
Copyright© 2005 - 2015 mishimajinja-shamusyo all rights reserved