白内障の疑問にEYEの戦隊 ”フキアゲレンジャー” がお答えします。



Q.白内障の治療方法は?いつ手術したらよいですか?

治療は、進行を予防するように点眼する方法と手術があります。
日常生活で、特に下記のような症状が出たら手術となります。

・太陽の光がまぶしい
・免許更新ができなかった
・ぼんやりしか見えない

Q.手術の時期は?


不便の程度に差がありますが、日常生活に不便を感じた時が手術の時期です。

我慢していても良くなりません。
我慢しすぎて、あまりに進行すると手術が難しくなったり、眼底の疾患に気付かないままで、手術をしても視力が出ないことが稀にあります。

Q.眼内レンズは痛みや、ずれる事はないですか?
  何年ぐらい持つのでしょうか?

眼内レンズは痛みもなく、頭を振ったぐらいでは、ずれることはありません。
半永久的に持ちますが、入れている袋が濁ることがあります。

これを後発白内障( こうはつはくないしょう )といいますが、手術後5年で10%から15%ぐらいの確率でなると言われています。

後発白内障は、機械で膜に穴を開ける治療を行います。 治療は、ルミナス社製のYAG(ヤグ) レーザーを用いて、10分ほどで終了します。

ルミナス社製 YAGレーザー

Q.仕事はいつから出来ますか?


家事程度なら、保護眼鏡をして手術翌日から可能です。その後は徐々に行い、1週間でほほ以前どおり可能になると考えます。詳しくは医師とご相談ください。



Copyright (C) 2004 FUKIAGE Eye Clinic. All Rights Reserved.