小高進の公式ホームページ・600字の教育学
令和元年10月17日(木)★〈Scroll comment〉ま、いいけど、1回くらい「これがホンマモンの炭坑節や!」がやりたかったなぁ〜(´・д・`|||●)━━ン。さて本日、ドラフト。3位か4位あたりで青森山田・堀田賢慎をとってくれないかなぁ〜(*^^)v。
★廃棄ゴボウの女!里美さんとハルコ君
2019年10月17日
★僕のidentity=シマダ・ピーナツ愛!
2019年10月02日
★要するに「あと一行!」が僕は弱い
2019年09月30日
s-1280DSC08041 s-1280DSC08028 s-1280DSC08008
★僕は八戸版・ハーメルンの笛吹き男か??
2019年09月27日
★僕の家の中を紹介、徐々に(^_-)-
2019年09月24日
★品よく、人生の時間軸上を疾駆する女性店主
2019年09月08日
8716f693 s-1280DSC079792 s-1280DSC07898
市立久太郎中
10.17
s-1280DSC08041

★画像=朝食はハルコ作・「ゴボウ」祭り

★カリッした歯触りがいい。
 噛めば噛むほどゴボウの風味がひろがっていく。
 食べ出したら止まらない(*^^)v。
 僕はこれまでゴボウは大の苦手だったが、最近、ファンになった。
 きっかけは、青森県産ゴボウ茶(下記記事参照)と、この素揚げ「ゴボウ祭り」だった。

★参考資料 “捨てられているごぼうで、青森を救いたい”(廃棄ごぼうの女)

gobo2

★職業安定所で里美が偶然みつけたのが今の会社だった。
 廃棄ごぼうを原料にした「ごぼう茶」を製造するソーシャルベンチャーだ。
 え? ごぼう茶って?
 それが里美の第一印象だったが、地元である三沢で働きたかった里美にとって、地元で生まれる農産物を使う仕事に、日に日に愛着が深まった。
 グロウスで生産されるごぼう茶は、青森県産ごぼう100%使用で原料は「ごぼう」のみ。
 皮ごと使用しているので栄養もまるごといただける。
 食品添加物不使用、ノンカフェインだから女性にも優しい。
 モノがいいから、お客様にオススメする言葉にも力がこもる。
(資料提供=「中間管理職劇場 〇〇(まるまる)の女」 ttps://www.women-leaders.net/ から)

★僕もオヤジと同じ死に方をするんじゃないかなぁ〜

★今年は、8月から10月初旬にかけて僕のカラダのあちこちに変調を来した。
 いわゆる不定愁訴(なんとなく体調が悪い)ではなく、原発部位が――ま、素人判断だが――はっきりしていた。
 ひとつ去って「やれやれ」と思っていると、また、すぐ――まるで僕を「おちょくる」ように――別の変調がやってきた。
 指を折って数えると「変調」は粗く6つ。
 そのうちの2つについては通院し、精密検査も受けた。

 あ〜あ、ずいぶんヤワなカラダになったもんだなぁ〜とショゲ返っている

 泣きっツラに蜂!
 そんな僕が、10月に入って、折りたたみ自転車で前方に転倒(註@)し、1週間ほど打ち身の痛みに苦しめられた。
 その痛みから解放されたと思ったら――まさしく弱り目にタタリ目――今度は目の充血だ。
 右目の鼻根寄りの白目が充血で真っ赤に。
 僕はこういう経験がなかったので驚いたのだが、ネット記事によると、「痛みや視力低下などがなければ、白目を覆っている眼球結膜の細い血管が切れて出血する結膜下出血と判断する。見かけはおどろおどろしいが「ほとんどの場合、出血は1週間ほどで消えるので心配いらない」(2015/2/7 日本経済新聞 夕刊・水町保険診療所(東京・新宿)で眼科の診察をしている小口芳久・慶応義塾大学名誉教授)とあった。
 で、様子をみていたら、翌日、「おどろおどろしい出血部分の真ん中付近に白くなっている部分を発見。
 その翌日には血の引いた白い部分がさらに拡がっていた。
 まずはひと安心!

 しかし、次から次にこうも心配事がつづくと、自転車転倒も、目の充血も、ひょっとしたら「一難去ってまた一難(6つの原発部位変調)」の一環ではないのか? これがずっとつづいてやがて「大難」に至るのではないか?と勘ぐりたくなる。

 僕のオヤジは早世している。
 ふと、僕もオヤジと同じ死に方をするんじゃないかなぁ〜と思ったりもする。

★みんな僕が悪かったのだぁ〜!!!!

★ま、そんなわけで、この期間、「毎日更新!」をめざしているBLOGやHPもほうったらかしだったり、休み休みだったりしたm(__)m。

 HPをのぞくと――
 HPのトップに、右から左にピコピコ、ピコピコ、流れていく文字列がある。
 HP開設以来、「伝統の(*^_^*)」の〈Scroll comment〉である。

 読んでみる。
 【★令和元年10月13日(日)★〈Scroll comment〉これから(午後2時から)、TV(BS1)で本田が先発する西鉄&西武ライオンズを応援するつもりだ。勝って炭坑節を踊るつもりだ(。>0<。)】
 ――となっている(正確には、右から左に流れてつづけている)。

 パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージの話だ。

 僕らのライオンズはこの時点まで、コロリ、コロコロと、すでに3連敗。
 レギュラーシーズン1位チームなので、1勝のアドバンテージが与えられているものの、きょう負ければ、ホンマ、もう終わり……という崖っぷち。
 なんとか1勝しよう、そして勝利を祝する西鉄応援団伝統の「炭坑節」を踊ろう……という願いがこめられた〈Scroll comment〉だ。

 願わくば、さらに次も勝ち2度目の「炭坑節」を、次の次も勝ち、「これがホンマモンの炭坑節や!」「逆転の美学やぁ〜!」(註A)と、その「美学」に酔いしれる心づもりだったのだ。

 が、あの日は結局、3対9の大敗

 はっきり言う!
 ホークスは10000倍うまかった、勝利への執念も10000倍強かった

★こんなすごいものをみせられて、さぞかし落胆しているだろうと思われるかもしれないが、そうでもない。
 もちろん、所沢の3塁側スタンド最上段にいたとすれば(「恥を知れ!」は他の人も言っているので、僕は、きっと)、「監督を伊原にもどせ!(註B)」と怒鳴ったかもしれないが、ま、それはいいm(__)mm(__)m。

 ファンというのはチームの実情がよ〜くわかっている。
 だから、この結果も想定の範囲内で、ある意味、(すべてが終わり、もう、ハラハラ、ドキドキ、あるいはメソメソしなくてもいい)ホッとしているところがある。

 今回、ライオンズが勝つチャンスは、ホークスがファーストステージで楽天と戦ったときに投げた千賀や高橋礼などがもどってくる前に、すなわち第1戦(ニール先発)で、第2戦(今井先発)で連勝し、まず「王手」とプレッシャーをかけた場合のみ。
 これにあえなく連敗したのだから、もうどうにもならなかった(昔、どこかの国と国のあいだに勃発した戦争みたいやね(^_-)-☆)。

 しかし、自分の胸に手を当て、よくよく考えてみれば、「僕の自転車転倒→目の充血」事件と、クライマックスシリーズの期間がピッタリと重なっている。
 僕のオロオロが選手たちに伝染したにちがいない
 ホンマは10000倍も差はない。
 みんな僕が悪かったのだぁ〜!!!!と猛省する次第である

★泣いて止めるヤツはおらんかったのか?

註@=「折りたたみ自転車で前方に転倒」
 関連記事=★小さな自転車はこれが恐い!

註A=「逆転の美学やぁ〜!」
 1958年、西鉄ライオンズが夏場の猛追で南海ホークスとの10.5ゲーム差をひっくり返して優勝した時の某新聞・朝刊の見出し。
 僕の生き方(=アイデンティティの形成)に大きな影響を与えた

註B=「監督を伊原にもどせ!」
 関連記事=★泣いて止めるヤツはおらんかったのか?

ba3187ae



市立久太郎中
10.02
s-1280DSC08016

★1キロの助走を10000倍に!

★2、3日前から、むしょうに、水平方向にトコトコと助走し、ド〜ンと(「飛び上がる」のとは逆に)潜り込むようなトリップ(=trip=小旅行)がやりたいなぁ〜と思いはじめた。

 助走でエネルギーを貯めて、貯めて、貯めて、その塊を爆発させて、ドーンと、深く、孤独に沈潜(=深く自己の内面に下降する)する計画だ。

★1000キロも2000キロも助走するということは考えていない。
 ホンマはやってみたい。
 けど、今、僕にそんな時間もお金もない。

 1キロか2キロの助走でいい。

 超・短い助走距離でも、気持ちの持ち方次第で――ま、ある意味「修業」だ――エネルギーは10000倍になる。
 それを爆発させて、垂直方向に深く潜り込むことができるようになるのではないか?

 埴谷雄高がどこかで似たような実験あるいは提案をしていたように記憶しているが、はるか昔の話ではっきりしない。

★助走のスタート地点は未定?

★助走の【スタート地点】と【ジャンプの踏切板】の位置を決めようと街をぶらつく――

☆【スタート地点候補】の図書館から神明宮にかけての路地。
 神明宮の鳥居が見える。
 これはいい。
 しかし、右側の駐車場のスペースがすごく気になる。
 貯めたパワーの塊がこのスペースにぜんぶ吸い取られてしまう。
 結論=「ここは違うなぁ〜」。

s-1280DSC08009

☆【スタート地点候補】の廿六日町屯所前。
 なんだかデコボコ(凸凹)。
 十五の心が前方に吸い込まれていかないなぁ〜。
 結論=「ここも違うなぁ〜」。

s-1280DSC08011

☆十六日町屯所前=有力な【踏切板候補】。
 路地の右側と左側が正面中心の屯所で切り結ぶ図をイメージしていた。
 だが、実際に現地に立ってみると「これも違う」。

 助走の【スタート地点】も【ジャンプの踏切板】の位置もなかなか決まらない。

s-1280DSC08012

☆同じく踏切板候補のcino周辺。
 しかし、踏み込んだ瞬間、気持ちが一変!(=ピナクル)。

s-1280DSC08014

 ここは踏切板候補ではない。
 ここはむしろ、人生最後の、ひとり沈潜のための【スタート地点】だ。
 おお! 助走のスタート地点はcinoで決まりィ〜!(*^^)v。

 cinoは偉大である。

 美しい。

s-1280DSC08015

 踏切板の位置はこれから、あちこち、ぶらついて決める。
 一応、2、3、候補地はある。



    










2019/10/17(木)15:23
★記事(=★食べだしたら止まらない!ゴボウ祭り!)のとおり、
 僕の体調も(´・д・`|||●)━━ン……
 西鉄ライオンズも(´・д・`|||●)━━ン……ということで、鬱々と暮らしていた。

 一昨日の晩、立ち直るきっかけをつかむ。
 「僕」という人物のイメージに関する「設定」=〈時〉〈人〉〈場〉をチェックしている過程だった。
 〈時〉を少し(ほんの少し)移動させたとき、ピカッ!と光るものがあった。
 そのときのメモ紙に「●●●●に気づいたぞ! これは大きいかも?」と書いてある(*^o^*)。
 ホントかな? アハハハ。
 今後の進展が楽しみやね(^_-)-☆




2019/10/10(木)13:40
★10月2日、折りたたみ自転車(=はなむけ号)で転倒!
 歩道走行中。
 進行方向に対して垂直に交わる小さな側溝のフタとフタのあいだにある穴。
 劣化して拡大していたのだ。
 前輪(=16インチ)がガチッとはまった。
 スゴイ衝撃!
 ウカツだった。
 小さな自転車はこれが怖い(ま、自己責任だろうなぁ〜)。
 カラダが前方に投げ出され、右側の脇腹、肋骨、膝あたりを歩道の石にぶっつけた。

 骨折はなさそうだった。
 頭も無事だ。
 ケガは膝小僧を少々擦りむいた程度。
 「ホンマ、ラッキーやったなぁ〜」「ホンマ、死ぬとこやったよ」……と、自転車の点検後、そのまま走行をつづけた。

 しかし、翌日からは、想像を超える打ち身の痛み、いや、激痛に苦しめられることになった。

 昨日あたりからようやく解放(*^^)v。

 右サイドバーも再開(*^^)v。


2019/10/10(木)04:05
CHATの、☆昨夜のCS第1戦に敗れ、やや意気消沈気味の大阪野郎の発言
★8回表・平井登板。ここでバッタ、バッタとうちとれると、ライオンズは2戦も3戦もこの勢いでいける……と思っていたら、今宮で1アウトのあと、柳田、デスパイネに連打される。で、平良に交代。一か八かの作戦。僕は賛成だ。まず、松田を三振! 2アウト。うまくいけば、くりかえすが、2戦も3戦もこの勢いでいける……と思っていたら、長谷川のうまいバッティングにやられた。これで敗戦が決まる。
★でも、長谷川をうちとっていれば勝てた可能性が高い。ま、紙一重の差。だから、残念だが、それほどショックは受けていない(*^^)v。
★平井があのままズルズルやられていればショックは大きい。でも、思い切って平良に代えた。そして、あと1球だった。負けてもさっぱりしている。
★ただ、本日、CS・final第2戦に敗れると、今年のライオンズはほぼ絶望(‖ ̄■ ̄‖)。
★なお、この1戦でうれしかったのは、8回裏、山川がモイネロから2塁打を打った場面だ。よく打ったなぁ〜。執念の一打! このシーズンですごく立派な打者になっている(*^^)v。


2019/10/04(金)05:17
★この【右サイドバー】の意味
 僕の夢は2つある。
 ひとつは――
 @限りなく廃墟に近いこのHPと、
 HPのコンテンツ
 A僕のBLOG・市立久太郎中・職員室通信(休刊中)
 B僕のBLOG・八戸ぐらし!〈魂の光景編〉
 C僕の掲示板・駅ノート
 D僕のCHAT)等々……
 これら、ひとつひとつが、不即不離の関係を保ちつつ、全体として「よくこれがドラマになるなぁ〜」という感じの「(不思議な)ドラマ」に仕上げること(^_-)-☆。
 ずっと思いつづけてきた。
 でも、うまくいかなかった。
 理由は、たぶん、「不即不離」というより、みんなバラバラだったからだと思う。
 「不即不離」の関係を保つためには、中心、中枢、コントロールタワーが必要なのだ……ということに最近、気づいた。。
 ま、そのコントロールタワーが【右サイドバー】だ……ということだ。
 期待している(*^^)v。
 なお、僕のもうひとつの夢は、玄関の書架スペース(4畳)を使って、ずっと昔、やっていた「虫の図書館」を再開設することだ。(詳細は後日に)


2019/10/03(木)20:34
★現在、このコーナー(右サイド)は調整中ですm(__)m。中味も検討中。何年ものあいだに、無計画、思いつきで、増設に増設を重ねた結果、ホンマ、デコボコ、コントロール不能で収集がつかなくなったので、いったんリセット(ぜんぶ消去)。シンプルな構造で再出発することになりました。






2019/10/03(木)20:34
★○◎