表 紙 りんかく 名の由来 手文庫 みそひともじ 徒然の記 御伽草子 玉手箱 硯 箱 手習日記

手 文 庫 よ り
御伽草子 −手描き詩集・創作童話−
「ひとつの愛が終わったときに」 

高校から大学にかけてのファーストラブ、幼く甘い若かりし頃の恋の歌。
大好きだった人とのせつない恋の物語。
これを書くことによって、ほろ苦い恋に終止符を打った桔梗です。

すべて手描きによる愛着溢れる一作となりました。
「しあわせを買った女の子」

桔梗にとっては、はじめての童話らしい童話といえるでしょうか。
夢を夢見ていた頃の、あどけない作品です。

挿絵もすべて桔梗の手描きです。
「哀しい電車」

やなせたかしさん編集の「詩とメルヘン」に触発され書いた一作。
味戸恵子さん風なエッセンスでつづりました。

挿絵もやはり味戸さん風な仕上がりとなっています。
私の一番のお気に入りの童話です。
「花の恋」

この頃、童話に凝っていて、構想は次から次へと・・・
「星の演奏会」

ぱっと思いついたまま書きなぐった童話です。
「お空の上のくるすちゃん」

桔梗が書いた童話の中では一番の長編です。
「赤い毛の混じったうさぎとふたりの少女」

なんとも幼い!桔梗が少女の頃に書いた物語。
そのあどけなさが逆に新鮮なのかもしれません。